大手転職ではアピールが大切

IT技術職として仕事をしてきた方の中には、「技術には自信があるけれど、コミュニケーションが苦手」という方も多いと思います。
しかし、大手への転職を希望しているのであれば、「苦手だから」と逃げることは出来ません。
転職時には、必ず面接という難関がありますから、これを乗り越えることが必要です。

大手だけではなく転職する際には必ず面接があり、この面接でどれだけ担当者に自分をアピール出来るかが鍵となってきます。
コミュニケーションが苦手な方にとっては、「アピールなんて、出来ない」と思っている方もいると思いますが、採用されたいという思いがあるのであれば、事前にアピールの練習をしておきましょう。
練習をしておかなければ、「志望動機はなんですか?」と聞かれた時、「大手で働きたかったから」と答えてしまう可能性があります。
これは、素直な気持ちかもしれませんが、これでは担当者の心を掴むどころか「この人は、採用されたいという思いが伝わらない」と感じられてしまいます。
アピールが苦手な方は、事前にどうしてその企業を希望したいと思ったのか、採用された際にはどういった仕事に携わりたいと考えているのか、自分にはどういったことが出来るのか、アピールポイントをまとめておくと良いでしょう。

事前に練習をしておけば、しっかりとした受け答えが出来るはず。まとまらない場合には、一度紙に書き出してみると良いですよ。
こういった準備は、担当者に「準備をしてきているな」という思いが伝わるはず。
大手転職を考えている技術者の方は、面接でどれだけ自分をアピールできるかがポイントとなってきますので、しっかりと下準備をしてから挑みましょう。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
サイト